自動車の未来

1997年 『21世紀に間に合いました。』のキャッチコピーで世界初となる

 

量産ハイブリッド自動車トヨタプリウスが誕生。

 

その後、進化系としてプラグインハイブリッド(PHV・PHEV)や電気自動車(EV)、燃料電

池自動車(FCV)の実用化、2005年 クリーンディーゼル車が脚光を浴びました。

 

近年では、運転支援システム・自動運転などの新技術開発の動きが高まっています。

 

ダイムラーは『アンビション2039』を発表、フォルクスワーゲングループも2029年までにグループ全体で約75車種のEVと約60車種のハイブリッド車の市場導入を発表。

 

日本では、マツダが新世代ガソリンエンジン『SKYACTIV-X』を世界で初めて市販化するなど、自動車業界にも新たなテクノロジーと技術改革が進んでいます。

 

10年後の自動車業界が楽しみです。

Shop now

You can use this element to add a quote, content...