BMW X5 35i E70 エンジン不調 高圧燃料ポンプ交換

詳細解説はYouTubeにて公開中!

BMW N55 N54 N53エンジン 燃料高圧ポンプの故障事例 - YouTube

BMW X5 35i E70

エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調にてご入庫。

走行中にチェックランプが点灯し

突然エンジンが吹けなくなったとの事。

診断機を繋いでチェックしていきます。

直列6気筒ターボエンジンですが

ほとんどすべてのシリンダーに

ミスファイヤ(失火)が記録されています。

他にも

燃料高圧システムの圧力低下が入っています。

複数シリンダーにミスファイヤがある場合

統括されている箇所に原因がある場合が多いです。

燃料供給システムの故障を疑い点検していきます。

このN55エンジンは直噴エンジンなので

低圧側と高圧側の2つの燃料ポンプを備えています。

低圧燃料ポンプはリアシート下に設置されています。

電源供給に異常なし。

燃料圧力をテストします。5~7barが基準値。

基準値内の6barです。

低圧燃料ポンプは正常に動いている様子。

続いて高圧側を点検します。

高圧ポンプで5bar程度の燃料圧力を最大200barまで上昇させます。

アイドリングで約50bar。

現在は正常に動いているようですが

高圧側での故障発生時のデータを見ると

1600rpmで走行中に8barしか出ていませんでした。

圧力上昇がほぼ無かったという状態です。

低圧ポンプが正常な点も踏まえて

高圧ポンプの故障と判断しました。

交換を進めていきます。

インテークマニホールドの内側に高圧ポンプは着いています。

左が旧部品、右が新品です。

酷い故障のケースでは先端が折れているものもあります。

交換後は数値も安定

ロードテストを繰り返し異常がないことを確認し

作業完了となります。

 

トラブルの多い高圧燃料ポンプですが

突然動かなくなるケースは少なく

実は故障の前兆があったりします。

「朝一、クランキングが長い。エンジンがかかりにくい。」

「アクセルを踏んでもエンジンが吹けなかった。」

このような不調は高圧ポンプ故障の前兆の可能性があります。

初期症状からでも故障メモリーが残る場合もあります。

何か少しでも異変に気づかれたら、お早めにご相談ください。

 

 

 

Shop now

You can use this element to add a quote, content...