BMW 320D F31 インテーク・EGR "煤" カーボン洗浄

詳細動画はYouTubeにて公開中!

BMW 320D F31 インテークカーボン洗浄

100000km走行された車両。

リフレッシュでインテークとEGRのカーボン洗浄のご依頼です。

早速EGRシステムとインテークマニホールドを外していきます

外れた各パーツです。

EGRとインテークの合流個所のノズル。

EGRからの高温の排ガスがインタークーラーを通過した冷たい空気とぶつかり

温度や流速の差からここにカーボンが蓄積しやすいです。

インテークマニホールド。堆積具合はこれでも比較的ライトな方です。

インテークマニホールドのポート側、スワールフラップ。

ポートの気流をコントロールするバルブですが

この状態では本来の性能を発揮できないと思われます。

EGRクーラーはリコールで新品交換されているようで比較的きれいです。

エンジン側のポート。ここにも堆積が進んでいます。

特に不調も警告灯の点灯も出ていませんが、

ご覧のように凄い量の煤がカーボンとなり堆積します。

手作業で可能な限り掻き出しをしていきます。

地味に大変な作業です..

丼ぶり一杯分のカーボンが出ます。

取り切れないカーボンは超音波洗浄機と高圧洗浄で落としていきます。

入れた瞬間でこれです。

数時間後には墨汁のような状態になります..

漬けこみの間にポートを清掃していきます。今回は掻き出しと吸引にて。

※新たにクルミの殻を使用したウォールナットブラスターを導入しました。

これまでの手作業に加えてさらに精度の高い清掃が可能になりました。

(画像は一例です)

 

 

パーツの洗浄が完了しました。新品同様です。

鍾乳洞のようだったインテークマニホールド。

反対側が見れるまできれいになりました。

作業後はアクセルレスポンスが大幅に改善。

ユーザー様からレスポンスや燃費の改善の報告を多数頂いております。

 

データ数値からも変化が見られます。

スムーズな吸気→スムーズな排気ができているため

吸気・排気それぞれ抵抗が減ったデータが得られます。

 

DPFではなく、インテーク側をクリーニングしたのになぜ?

 

インテークとEGRのカーボン詰まりをリセットすることで

・センサー値のズレ

・燃料噴射量計算のズレ

・燃焼の効率

これらが改善し、排気の煤の発生量が減少した為と考えます。

 

故障メモリーの内容から

・DPF本体の交換

・DPFの洗浄

などを提案されるケースがあると耳にしますが

DPFクリーニングの施工だけでは意味がないと考えています。

下流の砂を掃除したところで上流から流れる土砂をせき止めなければ

あっという間に元通り!と例えればわかりやすいかと思います。

 

DPFが詰まり傾向になるのには理由があります。

 

 

煤の堆積で狭くなったインテーク経路によって燃焼の効率が低下し

燃焼時の煤の発生量が増加することによってDPFが詰まり気味に。

さらにEGRを介してインテークの煤の堆積が加速する悪循環に繋がります。

・DPFのつまり

・レスポンスの低下

・燃費低下

など諸悪の根源がこの "インテークの煤詰まり" です!

 

この現象は故障でも不具合でもなく実際にはエンジン不調もありません。

ディーゼルエンジンのEGRという構造の性質上仕方がないものです。

しかしながら溜まったものは物理的に洗浄するしか方法がなく、

洗浄で本来の性能を大幅に取り戻せるというのも事実です。

 

長く!楽しく!調子よく!

BMW/MINIディーゼルと付き合いたいユーザー様向けに

EGR/インテーク洗浄・DPFクリーニングのサービスを行っています。

 

 

 

Shop now

You can use this element to add a quote, content...