MINI R60 COOPER D エンジンチェック点灯 DPF洗浄

MINI R60 COOPER D 

エンジンチェックランプ点灯とエンジン不調でご入庫。

ォルトコードを確認すると


・EGRエア流量の妥当性

・DPF背圧異常

EGRはNOX削減のため排ガスの一部を吸気系統に戻す装置で

DPFは排ガスの煤をキャッチする微粒子フィルターです。

EGR系統とDPFに詰まりがありそうな故障メモリーです。

2014年モデル、走行距離は160000km。

インテークパイプ内はかなりの量の煤がカーボンとなり堆積していました。

吸排気の数値をチェックしていきます。

背圧は簡単に言うと排ガスのフン詰まりを数値化したものです。

最大許容値の2倍近い詰まりの数値が出ています。

煤で詰まっている事を現しています。

 

積年のインテークパイプ内の煤詰まりによって

各センサーで計測した値にズレが生じます。

徐々に最適な燃焼が行われななくなり

さらに煤の発生を助長します。

結果DPFにも詰まりの症状が現れ始めます。

インテークのカーボン洗浄&DPFクリーニングがベストですが

今回は時間の都合によりDPFクリーニングのみ施工に決定!

センサーを外してクリーナを流し込んでいきます

DPFクリーナーを注入してしばらく置いたあと

続けてDPFパージを注入。

クリーナーで溶かした汚れを効率よく排出させるための

液体フラッシング剤です。

併せて添加剤も入れておきます。

インジェクターの洗浄・DPFの保護に一役買います。

施工後は再生走行・オイル交換が必要となります。

各データ数値を再チェック

大幅に許容値オーバーしていた背圧の数値が規定値内に戻りました。

これにて作業は完了です。

 

DPF詰まり等のトラブルですが

根本的にはインテークのカーボン洗浄も併せておすすめします。

50000km程度から見られるBMW/MINIディーゼル車の煤の蓄積は

性質上仕方がなく、決定的な対策が有りません。

エンジンオイル管理不足もインテーク詰まりに直結します。

良質なエンジンオイルの定期的な交換

燃料添加剤の補充など

定期的なメンテナンスを行いトラブルを未然に防止しましょう。

 

Shop now

You can use this element to add a quote, content...